.

.


___

2010年04月05日

中国・北京動物園でのパンダのバックヤード体験について

今年の1月に、このブログで少し触れましたが、ご存知ない方も多い
ようですので、中国・北京動物園でのパンダのバックヤード体験に
ついて補足しておきます。

以下は、2010年1月に、実際に、中国・北京動物園で体験してこられた
「ちぇんしゅん」さんから教えていただきました。
>ちぇんしゅんさんありがとうございます。

--------------------------
和歌山のアドベンチャーワールドのように、中国・北京動物園でも
バックヤード体験が可能です。
成人のパンダに会って、エサ(たけのこ)をあげたり、ふれあったりも
できます。

▼以下、ちぇんしゅんさんより
--------------------------
北京動物園のバックヤードは特別ツアーで、次の2社でしか手配して
いないようです。(2010年1月現在)
宿泊ホテルから動物園までの送迎付きの場合の料金と、
送迎が付かない場合の料金がありますので、ご注意ください。
私は「JTB中国」で頼みました。

▼JTB中国
http://www.mybus.com.cn/detail.do?mybusid=10276&areaid=3&area=pek
▼日通ペリカントラベル中国
http://www.pelican-travel.net/tourDetails_Opt.php?frCd=beijing&tourCd=A013

※以下は、ちぇんしゅんさんの体験(「JTB中国」の場合)です。
当日の午前8:30に、北京の長富宮飯店(ホテルオータニ)に2階に
ある受付に行き、一人550元(日本円で約7200円、送迎無しなら
50元引き)を支払い、日本語を話せる女性のガイドさんと一緒に
タクシーに乗り、動物園へ。
集合場所のホテルオータニ〜動物園の往復タクシー代は代金に入って
います。ニューオータニから動物園までは20分ほどでした。
入り口近くにある事務所で書面に健康に関して告知し、署名し、
飼育舎バックヤードでおとなパンダに会います。

▼JTB中国、マイバス特別企画In北京動物園
「パンダ特別見学」(概要:約1時間)
------------------------------------
北京動物園に到着後、健康診断書を提出(お申込み時にマイバスデスクまたはラウンジにて記入して頂きます。) → パンダ館に入館。普段は入れないパンダ館の裏庭でじゃれて遊ぶパンダをご覧下さい。餌をあげたり、パンダに触れたり、写真を撮りましょう。 → パンダの水浴びを見学 → 国慶パンダ館を見学。VIPスポットから見学します。 → パンダに関する資料があつまる展示館をご覧頂きます。 → 動物園来場の記念にパンダ特別見学記念証書をお渡しします。
※送迎無しの場合、担当ガイドは動物園の正面入り口でお客様をお待ちしています。
※送迎にはタクシーを利用する場合があります。
※お申込みは前日の午前中まで承ります。
※他のお客様と一緒になる場合が御座いますのでご了承ください。
※1回のコースに付き最高6名様まで。7名以上は見学出来ません。
※お客様がお撮りになった特別見学の写真は、北京動物園の許可無く無断でメディアや雑誌等で掲載、使用する事は出来ません。
------------------------------------


●パンダ所長より
日本にあるJTBの窓口で聞いたところ、上記は、現地、中国での
申し込みツアーですが、日本(日本にあるJTBの窓口)からも、
予約手配が可能とのことです。
※ただし予約手数料がかかります。約千円程度。

下記の予約状況表を見る限りでは、アドベンチャーワールドの
バックヤードよりも体験できる可能性は高いかも?しれません。
料金はアドベンよりも高額ですし、こんな体験ができること自体を
知らない人も多いようですので。私がおたずねした日本のJTBの
窓口の方もご存知なかったです(笑)

▼マイバス特別企画In北京動物園「パンダ特別見学」
http://www.mybus.com.cn/expense.do?area=pek&mybusid=10276&areaid=3&categorycode=331

★以上ですが、上記の2社以外にも、予約できる窓口があれば、
是非とも、私(パンダ所長)までお知らせください。
今後、行かれる方のためにこのブログでご紹介させていただきます。
★ちぇんしゅんさんからは、バックヤード体験時の写真も見せて
いただいたのですが、「特別見学の写真は北京動物園の許可無く
使用する事は出来ない」とのことなので掲載しておりません。
あしからず。


●追記
JALパックでもOPツアーで販売されているとのこと。
日本申し込みの現地払いで、650元。
ガイド、送迎付きの午前9時と、午後2時の2回で、
所要時間は約3時間とのことです。
▼ジャルパック特別企画! 北京動物園 パンダ特別観光(SV9196)
http://jalpak.east.co.jp/tabisite/050/op_shosai.php?optourcode=16913

http://www.jalpak.co.jp/tabisite/
上記サイトの「中国オプショナルツアー」「北京発」「観光」
のページの一番最初に載っています。
「あきぱん」さんから教えていただきました。多謝!

●追記(2)
以下に、あきぱんさんからの情報を追加します。
------------------
北京動物園パンダバックヤードツアーの補足です。
JTBのOPツアーの件ですが、マイセレクト等のフリープランで、
エンジョイプランという観光プランを付ける事が出来ます。
その中に、「北京動物園のバックヤードツアー+飲茶の昼食」
があります。代金は日本払いで10,000円。
ホテル9時出発の13時ホテル帰りの所要時間約4時間です。
------------------

●追記(3)
Tさんから、4月12日に、お聞きした話では・・・
日通・JTB、ともに現在、申し込みができないようです。
>JTBはGW期間中だから不可と言われ、
>日通は既に申し込み定員になったからと言われました(>_<)。
とのこと。2010年4月12日現在。

以上

posted by パンダ所長 at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 誕生・死亡
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36881979
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

パンダ研究所 研究員の訃報