.

.


___

2010年03月17日

続)中国,上海動物園情報 (by tompooh)

201003tomo-01.jpg
▲中国・上海動物園の万博パンダたち 撮影:tompoohさん

先日、中国、上海動物園からメールをお送りいただいた
tompoohさんは、日本にご帰国され、改めて、写真をお送り
いただきましたので、一部ですが掲載させていただきます。

●以下は、tompoohさんからの写真とコメントです。
------------------
上海動物園は、現在、万博開催に合わせてか?道路に面した
入口の「象の門」や周辺の道路の工事をしてました。
動物園のチケットは、40元(絵葉書タイプが42元)でした。
チケット購入時に案内地図はもらえず、隣の小屋で案内書を1元
で販売してました。
まず最初に、「川川」「鵬鵬」が笹をもらって食べてたので、
それを見て、万博パンダの所に向かいました。

▼上海動物園の「鵬鵬」
201003tomo-02.jpg

▼上海動物園の「川川」
201003tomo-03.jpg

飼育員の方が表(外)と指さすので向かったら、すでに大勢の
人だかりでした。1頭だけは、もくもくと笹を食べてましたが、
予報気温が、20℃だったせいか、人参を食べ終わるとすぐに
「先日の写真」の出入り口に集まり、皆で寝ておりました!

購入した案内地図には、営業時間は、「5:30〜17:30」とあるので
もっと早くに行った方が良かったのかもしれません。
私が訪問した日には、9頭しか外に出ていませんでした。

万博パンダの説明と、お土産を売っている場所がありましたが、
これといってお土産もなく、ちょっと残念でした。

▼パンダの置物などのお土産品。他には、パンダの写真集なども。
201003tomo-05.jpg

▼パンダの「手型」が販売されていました!
201003tomo-06.jpg

また、隣のレッサーパンダの所では、売店で売っているパンや
お菓子を与えているのにもビックリ!
「餌やり、柵乗り越え」の注意書きもあるのに…
201003tomo-04.jpg
201003tomo-66.jpg


翌日、訪問した上海野生動物園では、前日と違って風が強く、
その上、寒くて、敷地も広すぎたので、パンダ舎を見学したら、
そそくさと帰ってきました。
野生動物園では、パンダの名前や説明が出てないので、見分けは
全くできませんでした。
野生動物園へは、現地、上海でのツアーを利用して連れて行って
もらったのですが、途中、上海ディズニーランドが出来ると
言ってました。完成後は、地下鉄も延びて、かなり便利になるのかも
しれません。
上海野生動物園の入園料は「120元」でした。

とにかく、上海の街は、万博のためか、あちこちで道路工事中。
ビルの解体、建設です。地下鉄も乗り換え?と思って矢印方向
に進むと、一旦外に出て違う線に乗り換え。改札通る前に荷物
チェックされたりでした・・・ 

■その他のお土産品
201003tomo-08.jpg
▲パンダのカタチをしたチョコレート(上海空港の免税店)

201003tomo-09.jpg
▲大したお土産も見つからないまま、上海空港の免税店でもらった
「紙袋」がパンダでした。北京オリンピックの時のものなのか?

--(ここまで)----

※他にも情報をお送りいただいたのですが割愛させていただきます。


●パンダ所長より
tompoohさん、上海情報をありがとうございます。お疲れ様でした。
まだまだ工事中のところが多いのですね!
上海万博開催の5月まで工事は続くのかな?

中国のネットニュースを見ていたら、下記の映像がありました。
よく食べてよく遊び、たくましく大きくなっていくのでしょうね!
臥龍センターからの「李果」さんはじめ、スタッフのみなさんも
大忙しのようです!
▼CCTV(万博パンダの映像)
http://news.cctv.com/program/zdxwzx/20100316/103749.shtml



●追記
上記の上海のパンダの紙袋ですが、以前は、カラーバージョンだった
そうです。そもそも北京五輪の際に使用されていたもののようで、
現在は、モノクロの袋だけになったのかも?
下記は、そのカラーバージョンです。
純情商店街のカンカンが、保存されていました。
kankan100326_1545_001.jpg



posted by パンダ所長 at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・上海万博
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36465073
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

パンダ研究所 研究員の訃報