.

.


___

2010年02月03日

子どもたちが描いた、パンダへのお別れのメッセージ(ワシントン動物園)

アメリカのパンダたち(タイシャン、メイラン)が、中国へ行くのは、
2月4日(米国時間)に迫りましたが、
ワシントンポスト(WEB)に、子どもたちが描いた、
お別れのメッセージカード(14枚)が掲載されていました(涙)

▼ワシントン動物園のタイシャンへのメッセージカード
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/gallery/2010/02/01/GA2010020102805.html

未来につながるお別れであっても、やはり別れというのは、
寂しいものですね。
メッセージカードにサヨナラと描いた子どもたちは、
またいつか、タイシャンに会うことができるのかな?


●さらに、パンダ研メンバーでもある「とうちゃん」より、メイラン
(美蘭)に関する情報をいただきましたので、お知らせしておきます。

--<とうちゃんからの情報・ここから>-------

CNN(ワシントン)の報道が気にくわなかったのかどうかは
定かではありませんが、成都大熊猫繁育研究基地では、
早くも美蘭の彼氏候補の投票が始まりました。
▼繁育基地HP記事
http://www.panda.org.cn/china/news/news_view.asp?newsid=448
▼美蘭特設ページ
http://gongyi.sina.com.cn/z/pandaback/index.shtml
雄浜、隆浜等、お馴染みのパンダたちです。
紹介VTRもありますので、一見の価値有りです。

--<ここまで>------------

とうちゃん、ありがとうございます。
中国に戻すからには、やはり相手を考えておかねばなりませんね。
なぜ投票させるのでしょうね?? 人工授精の時のため?
でも相手が多いと、パンダたちも「婚活」しないといけないのかな?


※【過去記事】タイシャンとメイランは2010年2月4日(現地時間)、
中国へ向けて出発します。
http://blog.panda.or.jp/article/35013502.html
posted by パンダ所長 at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35090963
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

お願い【全国のパンダ作家の皆さんへ】
「それってパクリじゃないですか? トレパク事例」

パンダ研究所 研究員の訃報