.

.


___

2010年01月14日

中国桂林・七星公園のパンダ報告(by ぱんだる研究員)


大きな地図で見る


2010年、新年に、パンダ研メンバーでもある「ぱんだる」さんが、
中国桂林 七星公園のパンダたちに会って来られました。
帰国後、早速、写真と文をお送りいただきましたので、ご紹介を
させていただきます。 ぱんだるさん、ありがとうございます!

----<ここから>---------

pandaru001.jpg

pandaru002.jpg

七星公園はまずラクダの形をしている岩があり、クジャクと写真が
撮れる(有料)ところから少し歩くと見えてきます!

pandaru003.jpg

pandaru004.jpg

朝10:30過ぎに行くと、お客さんは、0(ゼロ)で、少し笹を
食べていてくれてました・・・

pandaru005.jpg

もうそろそろ部屋の掃除も終わったでしょっとばかりに
扉の前で待ってました。まだ慣れない様子でしたよ。

pandaru2010janDsc01739.jpg

早く室内のおうちに”帰りたいモード”のパンダさん!


最後は、桂林では有名だったパンダの「美美」の剥製の写真です。
(剥製写真ですので、見たくない方はクリックしないでください)
(→剥製の写真をみる?)

----<ここまで>---------

ぱんだるさん、ありがとうございました。
補足しておきますと、
「美美」は、2005年7月12日、老衰で亡くなりました(36歳)。
※過去記事→桂林のパンダ関連情報

●余談ですが・・・
昨年2009年12月26日に開業したらしい「和諧号」(わかいごう)に
一度、乗ってみたいと思ってます。
パン鉄(パンダ+鉄道好き)にはオススメかも!
「武漢〜広州」間の1069キロを、2時間47分で走るそうでして、
世界最高速度時速350キロとのこと。(TGVよりも速いそうです)
武漢から桂林や、広州へ鉄道で移動するのも楽しそうだし、
うまく計画が組めれば、桂林・広州・香港・マカオのパンダたちに
一度に会ってみたい気もしますね。
マカオには、まだパンダはいませんけど
※参考→Wiki中国高速鉄道CRH2型電車
posted by パンダ所長 at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・桂林
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34732446
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

お願い【全国のパンダ作家の皆さんへ】
「それってパクリじゃないですか? トレパク事例」

パンダ研究所 研究員の訃報