.

.


___

2009年12月27日

12/26 歓迎式典:中国・桂林の動物園へパンダ2頭到着

中国・桂林に在住の「桂林ウォーカー」さんからお教えいただいた
2頭のパンダのことが、ニュースになっていましたので、簡単に
お知らせしておきます。

2008年の北京オリンピックの時に、北京動物園に記念として
一時滞在した8頭のパンダの中の2頭、
「鳳儀(フォンイー)」と「美欣(メイシン)」は、12月25日、
午前0時過ぎに飛行機で桂林の両江国際空港に到着し、
昨日、26日に歓迎の式典が行われました。

2頭は、雅安・碧峰峡のパンダ基地から桂林の動物園
(中国保護大熊猫研究中心桂林科普教育基地)にやってきました。
2頭とも2006年8月生まれの3歳メスで臥龍生まれです。

桂林動物園には、「月月」(ユエユエ)」という映画にも出演した
ことがある有名な女優パンダがいますので、これでパンダは、
合計3頭になりました。

「月月」も臥龍研究センター生まれのメス(16歳)なので、3頭とも
メスということになります。メキシコの動物園と同じですね〜
2頭のパンダたちは、2010年の元旦に、一般公開されるようです。

▼ニュース映像(中国語)
http://bit.ly/7sx1bd
▼式典に出席された「桂林ウォーカー」さんのブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/qianxueming/60717648.html
http://blogs.yahoo.co.jp/qianxueming/60720828.html
http://blogs.yahoo.co.jp/qianxueming/60722140.html
http://blogs.yahoo.co.jp/qianxueming/60722220.html
http://blogs.yahoo.co.jp/qianxueming/60722304.html
http://blogs.yahoo.co.jp/qianxueming/60727859.html
▼「パンダ桂林到着」の様子(桂林電視台)空港到着の様子
http://www.gltvs.com/NewsFiles/200912/200912251812042594.html
▼歓迎式典の様子(1)
http://www.gov.cn/jrzg/2009-12/26/content_1497265.htm
▼歓迎式典の様子(2)
http://www.chinanews.com.cn/gn/news/2009/12-26/2040195.shtml


▼【貴重映像】美人過ぎるパンダ「月月」の水浴びシーン
純情商店街のカンカンさん撮影
http://blog.panda.or.jp/article/30737099.html
上記の映像は、当パンダ研の「2009年、年間最優秀パンダ映像賞
及び「パンダ所長特別賞」のダブル受賞映像です。
純情商店街のカンカンさん、貴重な映像をありがとうございました。
心から感謝いたします。
カンカンさんには、パンダビール、笹かまぼこの詰め合わせセット、
「パンダ丸」など、記念品をお贈りする予定です。

posted by パンダ所長 at 10:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 中国・桂林
この記事へのコメント
ダブル受賞の月月、本当に美しいですね。「私女優よ。」って、分かってるみたいなファンサービスっぷりも素晴らしい!
Posted by copanda at 2009年12月28日 01:07
●copandaさんへ
そうなんですよね〜、
「月月」は16歳になりましたので、さすがに昔のようにピチピチな感じではありませんが、「パンダの品格」みたいなものは感じますし、自分の役割みたいなものも、ちゃんとわかっている気がするんです。
私は、この桂林のパンダたちとは、3頭ともに臥龍基地で会ったことがありますが、3頭とも、みんな元気で暮らしてもらいたいです。


Posted by パンダ所長 at 2009年12月29日 09:29
お正月休みのパンダたちの様子をご報告します。特に美欣には、そのお転婆ぶりに笑ってしまいました。
Posted by 桂林ウォーカー at 2010年01月08日 07:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34406691
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

お願い【全国のパンダ作家の皆さんへ】
「それってパクリじゃないですか? トレパク事例」

パンダ研究所 研究員の訃報