.

.


___

2009年07月17日

王子動物園:7/16来園記念日レポ+特急くろしおパンダシート

pankou001.jpg
▲「コウコウ」かわいい〜!

7月16日、東京から日帰りで、神戸市立王子動物園のパンダに
会いに行かれた「ぱんこう」さんからの写真です。
ご存じない方もおられるようなので、書いておきますと、
神戸の王子動物園にパンダのコウコウ(初代)とタンタンが、
やってきたのは、2000年7月16日でした。現在のコウコウは2代目
ですが、7月16日は、パンダの来園した日でもありました。
以下のコメントは、ぱんこうさん。
---------------------
関東にはパンダがいないので、久しぶりに(3ヶ月ぶり)、
生パンダに会って、パンダ禁断症状がなんとか治りました・・・

pankou002.jpg
▲「コウコウ」特に後ろ足のあたりは、色も悪いし、毛つやもないし、
やせてるし・・・ ちょっと心配になってしまいます。
でも、飼育係さんと動物園事務所の人に聞いてみたところ、
コウコウは元気とのこと。「そんなに茶色い?」って感じでした。
強いて言うなら「年でしょう」、とのことでした。

pankou003.jpg
▲「タンタン」
pankou004.jpg
▲「タンタン」
pankou005.jpg
▲「タンタン」

飼育係さんによると、タンタンとコウコウの繁殖の相性は
悪いそうです。タンタンがコウコウよりちょっと気が強くて、
コウコウは怖がってしまうんだとか・・・

★槿(あさがお)さんのサイトに、パンダ来園時の写真があります。
http://www.kobepanda.com/koutan.htm
http://www.kobepanda.com/
★王子動物園のサイトにも来園時の模様が掲載されています。
http://www.ojizoo.jp/panda-asiato/2000.htm#2000-2


★昨日(7/16)、京都在住の果報者さんからもメールをいただき
ました。なんと、月鉾が、LED化したそうです。
(エコ漫画を描かれている果報者さんです)
----------------
今日(7/16)は、(京都祇園祭の)宵山で街がにぎやかでした。
去年から全部の山鉾が提灯の電球を白熱電球から電球型蛍光灯に
切り替え、省エネ化したのですが、さらに今年は、
月鉾がLED電球を導入したそうです・・・ 果報者より

※7月17日は、京都祇園祭の山鉾巡行ですね!
いよいよ本格的な夏ですね〜
※7月17日(金)〜8月16日(日)の期間、
神戸市立王子動物園などの施設が無料開放となります!
http://blog.panda.or.jp/article/30215574.html


●追記:果報者さんより
家族旅行で白浜に行くのですが、パンダ列車のパンダシートを
予約しましたよ!!今から楽しみで〜す♪
----------------
さすが果報者さん! すばやいですね。
京都から乗り換えなしで行ける列車も運行するのですね!
▼パンダシートの写真が掲載されていました。
http://www.westjr.co.jp/news/newslist/article/1174303_799.html

posted by パンダ所長 at 01:58| Comment(2) | TrackBack(0) | パンダ報告
この記事へのコメント
先日、京都駅のみどりの窓口で「パンダシート予約できますか?」と聞いたらOKと言われたので、予約してもらったのです。

が、17日のJR西日本のプレスリリースには「パンダシートは予約できない」と。

さらにプレスリリース詳細資料(PDFの方)によると、私たちが乗る予定の特急にはパンダシートがないみたいで。

あわてて再度京都駅窓口に行き、パンダシートのある特急の、パンダシート付近の指定席を予約しました。

窓口のスタッフは、単なるパンダ列車(ステッカーが貼ってあるだけ)と勘違いしてたみたいです。危ないところでした!

旅行から帰ってきたら、また写真送りますね。
Posted by 果報者 at 2009年07月19日 16:03
●果報者さんへ
おお!危ないところでしたね。
パンダシート自体は記念撮影用なので、予約ができないんですね。予約するときは、要注意ですね!レポ楽しみにしています。
Posted by パンダ所長 at 2009年07月20日 07:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30598741
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

パンダ研究所 研究員の訃報