.

.


___

2009年01月06日

追記:年賀状の中のパンダたち

昨日は、台湾の記念切手のことを書きましたが、
みなさんからいただいた年賀状についても、少し触れておきますと〜

毎年、パンダ研の研究員や、パンダファンのみなさんからの年賀状は
パンダ満載で「パンダだらけ」なので、とても幸せな気持ちになります。
本当に、ありがとうございます。
その全てをご紹介したいくらいなのですが、割愛させていただいて、
「切手部分」だけに注目してみると、こんなパンダたちがいました。

nenga2009.jpg

●右側のパンダ
フレーム切手で製作された、パンダの顔のオリジナル切手ですね!
Y研究員ありがとうございます。
すっかりご無沙汰しているので今年はお会いしたいです〜
●中央の2つのパンダ
このハガキは「香港パンダの絵葉書」を使用されており、
右側に印刷されている1頭のパンダは香港の「楽楽(LeLe)」です。
左側の80円切手の2頭は「20世紀デザイン切手シリーズ第14集」
含まれていたジャイアントパンダ初来日(カンカンとランラン)の
記念切手ですね。(手前が「カンカン」で、後ろが「ランラン」です)
さすが〜富山の研究員!
●左上の2つの切手
ドイツの知人からのハガキなのですが、切手自体は、パンダの
絵柄ではありませんが、よく見ると、左側の切手の消印が、
「WWFのパンダロゴ」なのです!


みなさん、素敵なパンダたちのハガキをありがとうございます!
本年もよろしくお願いいたします。パンダ所長より

posted by パンダ所長 at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25223298
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

お願い【全国のパンダ作家の皆さんへ】
「それってパクリじゃないですか? トレパク事例」

パンダ研究所 研究員の訃報